スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/3(土)「内部被ばくを生き抜く」上映と感想シェアごはん会

11/3(土)「内部被ばくを生き抜く」上映と感想シェアごはん会

東日本大震災から1年7か月ほどがたちました。
石巻の復興支援活動で出逢った友人たちが
現在定期的に福島の方向けに保養キャンプを行っています。

復興支援団体 「Let's 放射 know!!」HP  http://lets98know.jimdo.com/
メンバーの想いや活動内容がご覧いただけます。

現地に行けなくてもこちらで出来ることはないかなと思い
鎌仲ひとみ監督最新作『内部被ばくを生き抜く』上映会を行います。

今私は愛知県にいて
遠い国のことでも決他人事でも過ぎたことでもない
震災のこと・原発のこと・放射能のこと・福島のこと
正直忘れてしまいそうな自分もいます。

少しづつだけど「知る」ことから始めていこう。
この国で生きていくのに放射能のことを知るのは
自分にとっても大切なこと。
この作品をぜひ一緒に観てほしいです。

-----------------------------------------------------ーーーーーーーーーー-----
【ストーリー】

内部被ばくの時代を私たちは

どうやって生き抜いていくのか?

原発事故後の日本で

命を守りながら前向きに生きていきたい

全ての人たちへ。

専門家たちと福島からのメッセージ!



「未知なる危機に備えて」 監督 鎌仲ひとみ

2011年3月に起きた東北大震災によって原発が4つも爆発してしまった、その後の世界に私たちは生きている。

大量の放射性物質が放出され、広範囲に拡散したことは解っているが、ではどれだけ出たのか実は正確な情報がない。

放射性物質は環境に溶け込み、生態系に入り込んだ。
呼吸や汚染された水・食品を通じて引き起こされる内部被ばくは、この時代に生きる私たち全員の問題となった。
これからいったい何が起きるのか、正確に予測できる人は実はいない。
ただできることはありとあらゆる情報と可能性を吟味して、

「命」を守る努力をするということだ。

放射能は様々な局面で「命」の脅威となりえる。
私たちは生き抜かねばならない、

そのためのささやかな助けとなればとこの作品を作った。

予告編動画 http://www.youtube.com/watch?v=-8UM7Gn4dVY&feature=player_embedded

【監督紹介】

早稲田大学卒業後ドキュメンタリー制作の現場へ。
フリーの映像作家としてテレビ番組、映画を監督。
2003年ドキュメンタリー映画『ヒバクシャ─世界の終わりに』以降、
2006年『六ヶ所村ラプソディー』、
2010年『ミツバチの羽音と地球の回転』の3部作で
放射能汚染、被ばく、原発やエネルギーの問題を追い続けてきた


『内部被ばくを生き抜く』公式HP
http://www.naibuhibaku-ikinuku.com/

-----------------------------------------------------ーーーーーーーーーー-----

映画上映の後は、
庵ひろ名物「手打ち味噌煮込みうどんと土鍋で炊いたご飯」を食べて
秋の夜をほっこりしながら気持ちのシェアしましょ。


【日時】11/3(土) 16:00 開場 16:30上映開始(64分)  19:00終了予定

【会場】コミュニティレストラン「庵ひろ」http://anhiro.blog46.fc2.com/     名古屋市西区那古野1-20-35(円頓寺商店街内) 
    地下鉄桜通線「国際センター」駅より徒歩5分

【料金】2000円(食事代込)

【定員】20名 (定員になり次第締め切りますので、ご予約をお薦めします)

【申し込み先】letshousyaknow@gmail.com
       09099107190 (天野)

主催:Let's 放射 know!! 
後援:なごや環境大学
転送添付ファイルとして返信全員に返信移動
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コミュニティレストラン 庵ひろ

Author:コミュニティレストラン 庵ひろ
庵ひろのブログへようこそ!
みなさん、ワンデイシェフシステムをご存じですか?プロで無い巷の料理自慢の市民が、一日シェフになり、仕入れから調理・配膳・片付け・経営までを、担当するシステムの事ですが、ご存知でしたか?・・・
ワンデイ・シェフ・システムを通して,地域の皆さんの、コミュニティレストランを目指し、私、木下は、自宅を改装して、小さな食の庵(いおり)庵ひろを始めました・・・ そんな私の、庵ひろ奮戦記を中心に、皆さんに、庵の存在を広く知って頂きたく、ブログを始めました。
 さて、ワンデイシェフシステムには『ワンデイシェフ』さんが不可欠です☆。当店では月に、1・2回料理の腕をふるっていただける巷のシェフさんを募集しています。もちろん毎週入って頂けるなら大歓迎です!(調理師免許の有無は問いません。)興味のある方は下記の連絡先までお願いします!

 〒451-0042
名古屋市西区那古野1-20-35

(地下鉄鶴舞線・丸の内8番出口より西徒歩5分、又は地下鉄桜通線・国際センター駅2番出口を東円頓寺商店街に向かって歩いてください。円頓寺の交差点をファミリーマートのほうに曲がって、金毘羅神社のはす向かいです。)

 ℡ 052-551-2651
  庵「ひろ」 木下まで

 営業日 火・水・金・土(日・月・木・祝日は予約制)
営業時間 ランチタイム 11:30~14:30
          
※(火)(金)のランチ・ディナー、(水)のディナーはオーナーシェフの屋号『うどんの博屋』が先代より引き継いだ名古屋名物、味噌煮込みうどんをつくっておりますので、詳しくは下のリンクをご覧ください!
 (うどんの博屋、夜の営業 18:00~21:00) 
 (ほかのワンデイシェフの都合により営業日の変更もありますので、お手数ですが、ブログまたはお問い合わせの上お越しください。)

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。